FC2ブログ

検査そして入院

数度の外来診察ののち、入院してじっくり検査をしましょうということになった。このころになると外来で見てもらうにも一人では無理で、女房に車椅子に乗せてもらっての診察になった。

2月末、撮影の仕事が一段落したタイミングで入院、そして検査が始まる。
胸部CT、MRI、腹部CT、甲状腺エコー、腹部エコー、24時間の蓄尿、神経伝達検査、脳のCTなどなど。

入院の時点で体に現れている症状は次のようなものだ。


強い倦怠感と疲労感

体重の著しい減少

体に力が入らない

食欲なし

不眠 (処方の眠剤いずれも効かず、発汗と倦怠感で気持ちが絶えず落ち着かない感じ)

異常な発汗 汗がべたつく  就寝時、特に手のひらと足の裏

体感温度がいつも低い 適温がわからない

味覚障害 食べるものに苦味を感じる

集中力が続かない 次の行動になかなか移れない

あらゆることに意欲がわかない

手指の硬直 声のかすれ



入院時、いちばん厄介だったのが、汗だった。
室内は適度な暖房が効いており、暑くも寒くもなく快適な環境のはずが、私のシーツの下は汗でびっしょりなのだ。
看護士さんに事情を理解してもらい、シーツの交換など、便宜を図ってもらうほかに、シャワーを毎日浴びさせてもらえるようになった。これはいちいち点滴チューブを外し、防水をしなければならないので看護士さんもたいへんだったろう。


また食事が糖質コントロール&減塩食だったため、ただでさえ乏しい食欲がさらに失せてしまい、入院後半時にはご飯がほとんど喉を通らなくなった。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

smile

Author:smile
わが家のワンコを溺愛する「わんこおやじ」。
本業(写真店)のかたわらワンコ用スイーツも作っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR