FC2ブログ

報道という意味

少なくとも「ジャーナリスト」と呼ばれるような報道に携わる人たちは、ものごとの本質が間違って解釈されないように、読者あるいは視聴者に正しく伝えてこそ、その職務の意味があるはずだ。

「あ、今、○○○って言いましたよね。たしかに言いましたよね」

その「○○○」の部分を強調して報道する。

結果、「○○○」だけが、独り歩きするようになる。


発言で出てきた言葉がセンシティブなものであればあるほど、その発言に至る文脈を正確に伝えようとしなければ、単なる言葉尻を捕らえただけの、あら探しに終わってしまう。

それをジャーナリズムとはいえまい。



こういった報道のこわいところは、敏感に反応し、深読みしようとする一部の受け手に対してではなく、大部分を占めるであろう、「大して関心がない人々」の目に、知らず知らずに色眼鏡をかけてしまうことだ。

「あら~、あの人そんなこと言ったの。いやだわね~」

こういうことを、情報操作といわないのか。



私たちは日常生活の中で、してはいけない、されたら嫌なことも、累が及ばないところで起こるスキャンダラスな出来事は、ひょっとすると楽しんでさえいる場合もある。それは人間誰しも持っている感情のバランス感覚なのだろう。
そういう部分を、彼らは巧妙にくすぐろうとする。

「知ってる? あいつ、こんなこと言ったんだぜ。ひどいやつだと思わないか」


そういうソースを提供するのもジャーナリズムの仕事であり真実の報道だとうそぶくのなら、私は彼らを絶対に信用しない。


「大本営はこう発表した。日本は勝っている」

国策の大義に糊塗された報道をし続け、国民の目をあらぬ方向に向けさせた、かつてのジャーナリズム。

方向性が変っただけで、今も本質はあまり変わっていないのかもしれない。


ゆめゆめ、報道を鵜呑みにしてはいけない、と思う。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

smile

Author:smile
わが家のワンコを溺愛する「わんこおやじ」。
本業(写真店)のかたわらワンコ用スイーツも作っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR