FC2ブログ

浦島太郎状態

しばらく釣りのことが頭になかった間、世の中ではいろんなことがあったんだってことに、今さらながらビックリしている。



「ダイワ精工」…この名前って、もうないんだね。

今は、なんだっけ、、グローブライドなんて、とても覚えにくいメーカー名に変ってしまっている。

DAIWAというブランドは残っていたのでホッとしたけど。


リョービも、マミヤOP(オリムピック)も、この業界からとっくに撤退してしまったし、なんか釣りに関する産業も、写真業界と似たところがあるのかもしれない。

でも写真に関して言えば、シャッターを押す(写真を撮る)という行為は縮小するどころかどんどん増えていっているわけで、写真店を含め、この業界がその受け皿になりきれていないという歯がゆい現実がある。

反面、釣り業界はというと、釣り人口は確実に減ってきているらしく、メーカーも小売店も、われわれ写真店と同じようにたいへんな時代なのだろう。

私みたいにこれから再び釣りを始めたいなんていうのは、奇特な存在だったりするかもしれない(笑)

まあでも20年も前の愛竿をまだ後生大事に使おうなんていうオッサンは、業界にとっては何の役にも立たないか。



驚いたことはまだある。

グレ釣りにおいて、マキエの主体が「生オキアミ+集魚剤」から、ボイルオキアミに変っているらしいのだ。

え~っ、、ぜんぜん知らんかった…。



ニンニクの臭いをプンプンさせ、いかにも釣れそうなネーミングの集魚剤と生のオキアミをぐちゃぐちゃに混ぜてばんばんマキエをしていた時代は、私の知らない間に終わっていた。もちろん地域によって多少の違いはあるだろうが、生態系や環境のことを考えたら、遅かれ早かれこういう時代はやってきたのだろう。

半日の釣りでオキアミと集魚剤を10kg以上も持ち込んでいたころと違い、ボイルオキアミなら3kgもあれば充分なのだそうだ。

それをどうやって効率よく撒くか。 比重の軽いボイルだから、向かい風とか遠投とか、撒き方もそうとう工夫しないと釣果に結びつかないに違いない。


これだけでももう充分浦島太郎なのに、まだ

「え? し、知らんかった…」

ことがまだあったりするのだろうか。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

smile

Author:smile
わが家のワンコを溺愛する「わんこおやじ」。
本業(写真店)のかたわらワンコ用スイーツも作っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR