FC2ブログ

ラムの生命力

足がふらついて急に倒れこんだり、呆けた表情でいることが多くなって1年。

今年の春からは散歩もできないほど体が衰え、狂犬病ワクチンもフィラリア予防も「もうこの子には必要ないと思います」と、かかりつけの先生から言われた。

あとは穏やかに、看取ってあげましょう。



ラムは、夏を迎えられるだろうか。

夏が、越せるだろうか。

秋は…


そして、今は冬の入り口。



正直、この子の生命力は、すごい。

野良犬の遺伝子がもつチカラなのか。

もはや体のどこにも、筋肉なんて残っていないけど、

骨と皮と、筋だけになっても、それでも生きている。




夏を前にして、それまでもたまり気味だった腹水が、いっきに膨らんできた。

カエルのような、という形容を通り越して、まるでエイリアンの女王みたいだ。

食べ物が栄養にならずに、ぜんぶお水になって溜まっていく。


臨月の妊婦みたいになったところで、腹水を抜いてもらう。

ロゼワインのような色をしたのが、出るわ出るわ。

1回に2リットルあまり。

多いときには3リットル近くの腹水が抜けたこともあった。



そんな処置を、今までに6回。

そのたびにラムは、わずかに残った命をつなぎとめる。

45350001.jpg



ここのところ、腹水の溜まりかたが早くなったようだ。

この冬、正念場だ。


関連記事
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【ラムの生命力】

足がふらついて急に倒れこんだり、呆けた表情でいることが多くなって1年。今年の春からは散歩もできない

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

smile

Author:smile
わが家のワンコを溺愛する「わんこおやじ」。
本業(写真店)のかたわらワンコ用スイーツも作っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR