FC2ブログ

控え選手

仕事で撮影をするとき、いつも気をつけていることがある。

カメラとレンズは必ずサブ機(控え選手)を用意することだ。

それを生業とする人ならあたりまえのこと、ではあるけれど。


出張撮影のたんび、いつもカメラバッグに忍ばせる、サブ機。

いつ出番が来てもいいように、設定をメイン機と同じにしておく。


これが活躍する場面なんて、実際はほとんどないに等しいんだけど。

でも、なかったら、たいへんなことになる場合だってあるのだ。

66410001.jpg



数年前、ふとした気のゆるみから、カメラ1台だけ持ってピアノ発表会の撮影に出かけ、思わぬトラブルで修羅場になりかけたことがあった。

臆病なくらい準備に気を配るようになったのはそれからだ。



実は昨晩も、サブ機のお世話になるアクシデントがあった。

片道2時間かけて赴いたドラッグストアの竣工写真の撮影現場。

何度か通ったこの現場も、今日残った数カットを撮影すれば終わりだ。

路面のサインポールの夜景を撮り、店内の売り場を撮影しようとしたそのとき、カメラがエラーを発した。

レンズの情報がうまくボディに伝わらないらしい。

ここでまごまごしているより、あいつを使おう。

「すみません、車に行ってもう一台を取ってきます」

そしてサブ機の、満を持しての登場となった。



もしも、カメラが1台しかなかったら…

距離も遠く、タイミング的に「待ったなし」の現場で、そんな事態を想像することすら恐ろしい。


とりあえずこのピンチは、サブ機のおかげで切り抜けられたな~。

帰り道、車のハンドルを握りながらそんなことをボ~ッとした頭で考えているうち、交差点を曲がり損ねて思わぬ回り道をしてしまった。



スポンサーサイト



プロフィール

smile

Author:smile
わが家のワンコを溺愛する「わんこおやじ」。
本業(写真店)のかたわらワンコ用スイーツも作っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR