FC2ブログ

どこかで誰かが

晩酌で飲む「松竹梅 天」の2Lパックが、878円。

朝起きたら欠かせない牛乳、1パック158円。

カイワレ大根は1パックが38円で、もやしが19円で、納豆が3個で88円。

あいかわらず卵は安価だし、はるばるノルウエーからやってきた塩さばの半身は、98円だ。

これはわが家がよく利用するスーパーやドラッグストアでの価格だが、安くていいものを消費者は求め続け、生産、流通にかかわる人はコストをぎりぎりまで抑えないと、競争に勝てないのはどの業界も同じことだろう。

そうしたことがひとつひとつ積み重なって、今の世の中がある。

どこかで誰かを泣かせて、あるいは踏みつけにして成り立っている経済社会、といえるかもしれない。



表向きはモノがあふれ、便利で快適な環境に恵まれて、一見安穏な日々を暮らしている私たち。

ぎりぎりまでコストを削る、時間を削る、無駄を削る、そして利益もゆとりも削られ、

いつしか、たいせつなものがなくなっていることにも気がつかずに過ぎるのだろうか。



再来月には隣町のソニーの工場も閉鎖…


モノはあふれているというのに、閉塞感が見え隠れする。

スポンサーサイト
プロフィール

smile

Author:smile
わが家のワンコを溺愛する「わんこおやじ」。
本業(写真店)のかたわらワンコ用スイーツも作っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR