FC2ブログ

右傾化

ジャズからクラシック、演歌にワールドミュージック。 いいなあと思ったものは素直に好きになってしまうので、音楽ジャンルには昔からまったくこだわっていない。

でもって、今年いちばんよく聞いていた音楽といえば、吹奏楽だろうか。


吹奏楽、ブラバン。

高校時代は吹奏楽にどっぷりの3年間だったけど、それ以後、これほど夢中になって聞きまくったことはなかったくらいだ。

毎日仕事帰りに、じいさんの入っている病院までの道中を、好きなCDをかけながら走る。

吹奏楽といえば、マーチも好きだ。 軍艦マーチなんてパチンコ屋の代名詞みたいなイメージを持たれてしまっているが、昔はこの勇壮なメロディーに鼓舞されて戦地へ赴いていったのだろう。

そしてついこの間、レンタルしたのが、これ。


51860001.jpg


さすがに人前で聞くのははばかられ、こっそりと車の中でひとりで楽しむ、ここ数日のお気に入りだ。

演奏集(インストルメンタル)なので、大仰な?歌詞に街宣車を連想することもなく、日本の兵隊さんが歌っていたであろうメロディーが素直に耳に入ってくる。

同期の桜、加藤隼戦闘隊、ラバウル小唄…こうしてあらためて向かい合ってみるとみんないい曲ばかりで、思わずハンドルを握る腕を振りたくなり、規則的な蛇行運転になったりする。

エンジンのお~と~ ごお~ご~お~お~と~…



話は変るが、今度の新政権では「急先鋒」と呼ばれる人たちが何人か要職に就いたそうだ。

高市早苗、稲田朋美、小池百合子…そんな暴れん坊を石波 茂と安倍晋三がたばねる。

これを「右傾化」だといって警戒する向きもあるとか。

いや~大歓迎じゃないか。


右とか左とか、そんなことはこの際どっちでもいい。

国内にも対外的にもバランス感覚を気にするあまり、波風を立てられなかった政治の世界に大波が起こることが大切なんだよね。

そうすれば、今まで無関心でいられた人々も、領土のこととか戦争の歴史のことを少しは考えるようになるかもしれない。



戦争に負けて、今までの世の中や生きかたを全否定することから始まった戦後日本の歴史がある。

ニッポンはかつて、悪いことをしてきた…そんなふうに教えられ育ってきた土壌がいつしか、そういったことに無関心を装う世の中を作り出してしまったのか。

隣国の国民が日の丸を燃やす映像を見ても腹を立てないのは、日本人がオトナだから、ではないだろう。


無関心は、最大の敵。


隣国に「極右集団だ!」と警戒の目を向けられている暴れん坊さんたちは、われわれの心に一石を投じてくれるだろうか。


スポンサーサイト
プロフィール

smile

Author:smile
わが家のワンコを溺愛する「わんこおやじ」。
本業(写真店)のかたわらワンコ用スイーツも作っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR