FC2ブログ

ボキャブラリー

昨夜報道ステーションを見ていたら、原子力関連のゲストコメンテーターが解説している中で

「原子力に反対しているやつらはバカだチョンだ(という空気がある)」

と、口を滑らせた。

すぐに古館キャスターが「愚かだ、ということですね」とフォローを入れ、不適切な表現があったことを詫びていたが、解説の趣旨もなにも、このひと言で場の雰囲気がうわずってしまい、せっかくのスクープ報道が台無しになってしまった。


CMが流れている間、あのスタジオではどんな空気が流れていただろうか。生放送のこわいところでもある。



民族間の差別というニュアンスを含んだ言葉、「チョン」

少なくともこういうTVに出てくるような良識ある人たちにとっては、とっくに死語になっていたと思っていた。


しかし文脈の中ですらすらとそんな単語が出てくるというのは、いったいどういうことか。


その人のボキャブラリーの中では、今でもばりばりの「現役」ということにほかならない。

きっと、オフレコの会話の中では何の気を使うことなく、こういう単語にためらいを持たない人なのだろう。

いくら話の趣旨が高邁なことを言っていても、中身が透けて見えてしまう。

どんなに社会的にすばらしい人であろうと、お里が知れる。


ボキャブラリーとは、そういうものだと思う。

スポンサーサイト
プロフィール

smile

Author:smile
わが家のワンコを溺愛する「わんこおやじ」。
本業(写真店)のかたわらワンコ用スイーツも作っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR