FC2ブログ

他人事

たとえばとても複雑な症状を持っていて、一刻も早く病院に送らねばならない患者を救急車が収容したとする。

でも搬送先の病院はどこも満床とか担当医不在で診られないという返事しか返ってこない。


あるいは、それでもなんとか病院までたどり着いたとしよう。

その緊急措置が必要な急患に、

「え~、とりあえず出血だけは止めておきました。レントゲンやCTの結果は来週にならないとはっきりしないのでそれまで待ってください。治療方針についてはその結果を見たうえで決めることにしましょう」

とでも言われたようなものか。


う~ん、隔靴掻痒。



一年もたってからやっと自治体の「担当者」が被災ガレキの視察に訪れ、受け入れに関しては資料を持ち帰ってこれから検討しますという。


「わかった。もういいよ」

と、私が当事者なら思う。



空き地なら、山ほどもある私の田舎。

どのような検討の結果なのかわからないが、当方ではガレキの受け入れはいたしませんと、昨日表明したそうだ。地域ニュースの画面にうちの町名が出た。
その中に近隣の町村名も、ずらりと並んでいる。

右へ倣え、というわけか。

こんなときに行政は、われわれのような頭でも理解できるような思考で、なぜ行動できない。



近いうちにもう一度、東北へ行ってきたい。

そして、トランクいっぱいのガレキをみやげに帰ってこよう。




スポンサーサイト



プロフィール

smile

Author:smile
わが家のワンコを溺愛する「わんこおやじ」。
本業(写真店)のかたわらワンコ用スイーツも作っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR