FC2ブログ

予見

最近、こんな本を読んだ。クライシス・サスペンス小説とでも呼ぶのだろうか。

東野圭吾の「天空の蜂」と、高島哲夫の「M8」、「TSUNAMI」

07510001.jpg


天空の蜂は今から10数年前、高島哲夫の小説も7~8年前のものになるが、恐ろしいほどに今の時代を言い当てている。

地震、津波、そして原発…


ただ、3冊のうちどれも今回の東日本の状況を予見したものはなく、起きる可能性が高いといわれている首都直下型地震や東海、東南海、南海地震が主人公になっているのが興味深い。

つまり、多くの人々が「本命」と考えていたものじゃなくても、その数年後に起こってしまった現実は、どんな映画や小説をも凌ぐストーリーだったことを逆説的に教えてくれるのだ。

読み進むほどに、空想ではなく現実の映像がいくつも頭をよぎる。

ペンを執るとき、作者はこれほどの惨状を思い描けただろうか。



明日は、自分たちの番かもしれない。


もうすぐ、1年だ。




スポンサーサイト



プロフィール

smile

Author:smile
わが家のワンコを溺愛する「わんこおやじ」。
本業(写真店)のかたわらワンコ用スイーツも作っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR