FC2ブログ

このままでは戦えない

数年前、小泉さんから阿部さんに総理の座が代わったとき、すごく新鮮な気がした。

なにか、今までの政治家にはない、さわやかな雰囲気を身にまとった総理。

国内のことも、外交も、この人なら大きく変えられるんではないか。

そう思って私は楽しみに見ていた。


でも、安倍内閣が動こうとすればするほど足を引っぱる野党。

当時は民主党だ。

末端の私たちから見ても、手かせ足かせをはめられてもがき苦しむ阿部さんがかわいそうだった。

あれでは、なんにも仕事をさせてもらえないじゃん…。



野党ばかりではない。

次第に自民党の中からも、反目する発言が相次いだ。

そして彼らは、最後にこう言ったのだ。


「このままでは戦えない」




それから何人、党首が代わっただろう。

最後には皆、同じ言葉を身内から投げられた。


「このままでは戦えない」





やがて政権が交代し、民主党の鳩山さんが総理大臣になった。


大きく世の中が動く予感。

ああ、やっとこれからいろんなものが変わっていくんだな。


連日マスコミに登場する新政権のブレーンたちが熱く夢を語り、そして多くの人が、期待に胸を膨らませた。



でも、この人もまた、同胞から最後にこう言われた。

「このままでは戦えない」

「この人では勝てない」



そんな与党の期待を担って登場した菅政権。

ころころ代わる政権に国民は心底嫌気がさし、今度という今度はじっくりと国の舵取りに取り組んでほしいと願ったはずだ。

成果を見るまでは、なにがあっても支える。我慢すべきところは我慢する。

この政権を選んだ多くの国民もまた、そんな目で国政を見守ることを求められていたのではなかったか。


でも、なにか事があるたび国民も無責任な言葉を投げかけた。

「あの人ではダメだわ」

下がり続ける内閣支持率に焦りを感じたか、またもや党内から同じ声が上がった。

「このままでは戦えない」



そんな中で起こった大災害。


以来6ヶ月、いろんなことを言う人は後をたたない。

政治家も、学識者も、総理の力不足を指摘する人は多い。


でも私は今でも

「菅さんだから、ここまでやってこれた」

と思っている。

もっと長い目で、この人の手腕を見ていたかった。



党派を超えて国民の前に立たねばない今、それでも多くの政治家たちは、口では復興を謳いながらも党利党略や派閥の争いごとを国民の前にさらし続けている。


そしてこれからもまたおなじ言葉を繰り返すのだろうか。

「このままでは戦えない」って…



あなたたちが戦う相手は、だれなのか。






スポンサーサイト
プロフィール

smile

Author:smile
わが家のワンコを溺愛する「わんこおやじ」。
本業(写真店)のかたわらワンコ用スイーツも作っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR