FC2ブログ

銃社会

約半世紀の時を超え、そいつはタイムマシンに乗って 俺の手許にやってきた。

27770001.jpg




鈍く光る銃身


鰐皮模様のグリップ


周りの空気まで凍りつかせるような 冷たい感触


あの頃と なにも変わっちゃいねぇ


変わったのは 世の中だけか…






そう、あの頃は まさに銃社会


誰もが 1丁や2丁は こいつを後生大事に持っていた



てめぇの身を守るため?


否、おのれの荒ぶる魂を鼓舞するために


こいつの存在が どうしても必要だった


そんな時代だったのさ あの頃は




なにかコトが起こるたび、俺たちは こいつを懐に忍ばせ駆けつけたもんだったぜ




昨日の友は 今日の敵


たとえ兄弟分であろうと 容赦はしない


殺るか、殺られるか



照準を定め、トリガーを絞れば


肩を揺さぶる反動が心地よかった


バビュ~ン バビュ~ン!



俺の相棒


セキデンオートマチック




闘いの最後は


決まって玉拾いだった…。





スポンサーサイト



プロフィール

smile

Author:smile
わが家のワンコを溺愛する「わんこおやじ」。
本業(写真店)のかたわらワンコ用スイーツも作っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR